生徒の皆さんの感想

 

 ここにご紹介するのはほんの一部です。生徒の皆さんの感想を真摯に受け止め、なお一層精進していきたいと、メンバー一同練習を重ねています。感想を書いてくださったみなさん、ありがとう!!

 

〇 最後の話は涙がたまってしまいました。楽しかったよりも感動して、まさかこん    なに感動するとは思っていなかったからびっくりしました。感動するのは久しぶりだったのでよかったです。(小学3年)

〇 戦争のこわさや人々の悲しい気持ちがわかりました。最後には涙が出てしまいました。もっと紙芝居を見たいです。(小学3年)

○ 紙芝居は「読む」のではなく「演じる」のだということがよくわかりました。(小学5年)

○ 原っぱさんの紙芝居は、気持ちがすごく伝わってきて、私がおはなしの世界に入ってしまったようでした。(小学5年)

○ 映画を見たみたいだった。紙芝居ならぬ神芝居でした。(小学5年)

 

〇 最初は中学生にもなって何で紙芝居なんだろうと思っていましたが、皆さんの迫真の演技がとてもすごく、息をするのを忘れてしまうくらいのめり込んでしまいました。この紙芝居で、いのちを大切にしていこうと強く思いました。(中学3年)

〇 今回の紙芝居からいのちの大切さを学びました。初めは紙芝居から何を学べるのかと思っていました。僕は驚きました。紙芝居でここまで学べるのだと思いました。今日学んだことを、これからに生かしたいです。(中学3年)

〇 「命の尊さ」「自由のありがたさ」「友達の大切さ」などを学ぶことができました。(中学3年)

〇 家族の絆の強さに感動し、いつでも隣にいてくれる家族を大切にしたいと強く思いました。また、いやでも訪れる誰かとの別れの悲しさやそれを乗り越えていく強さなど学ぶべきことがたくさんあり、とても良い経験になりました。(中学3年)

〇 人や動物のいのちはとても尊いものだと思いました。感謝のこころを忘れずにいきたいと思います。(中学1年)

〇 とても表現力がすごくて驚きました。実話ということにも衝撃を受けました。紙芝居ってこんなに奥が深いんですね。(中学3年)

○ 自分は、本を読むのがきらいだけど、紙芝居は時間がたつのがあっという間でした。きっと吸い込まれたからだと思います。これから本を読もうと思いました。(中学3年)

○ 人が読むからこそ伝わってくるものもあるだろうし、人が読んで聞かせるからこそ良いものなるのだと思います。(中学3年)

○ 私は嫌になると死にたいと言ってしまうことがよくあります。でも生きたいのに生きられなかった人の気持ちになると、命を簡単に落としてはいけないと思いました。(中学3年)

○ みなさんの紙芝居に対する情熱や思いが、すごく伝わってきました。いのちは大切ということだけではなく、いのちはこうだから大切みたいな深いところまで考えることができました。(中学2年)


○ テレビなどの画面だけでなく、想像力をフルに働かせてみる紙芝居の重要性は、これからも失われることはないでしょう。(担任教諭)

 

〇 動画やCGが当たり前の世の中だが、何より重要なのは伝えるキモチというのがわかった。(高校2年)

○ 紙芝居は子どものものと思っていたので、まさか紙芝居を見て涙が出るとは思わなかった。修学旅行に行って、しっかり平和のことを考えてこようと思います。(高校3年)